万松院

日本三大墓所の一つ。対馬の藩主「宗義智」をとその一族を供養する寺。1615年に建立。

2度の火災に遭い、当初の建物は山門と仁王像を残すのみとなっている。

百雁木と言われる132段の階段を登ると御霊屋(おたまや)という巨大な墓がずらりと立ち並んでいる。なお境内の大杉は樹齢1200年と言われており、万松院が建設される前からあったことを窺わせる。